なにを考える時でも
初めには君が浮かんでくる。

それぐらい好きなんだ。


君に恋をして、愛して
愛されて。


嬉しかったり、悲しかったり
辛かったり、泣きたくなったり
怒ったり、笑ったり。


そうさせてくれるのは

いつだって。

この作品のキーワード
恋愛