伊集院家___


「鈴木会長からわしの携帯に連絡が来たぞ…」


今日の朝食は珍しく家族全員揃っていた。



「私の携帯にも鈴木会長から連絡が来たので事情をキチンと説明しました」



「そうか…ならいい」



「俺の冗談が周囲に波紋を呼んだみたいだな…」



「本当に悪い冗談だった…」


飄々としながらスクランブルエッグを食べる千歳を睨みつけた。


「…ところで…陽那ちゃんはまだか?敦司」



「父上…陽那はどうも…学校の支度に手間取ってるみたいで」



「…陽那ちゃんは昨晩…お前の相手をしていたから…寝坊したんだろ?敦司」



「朝から…その発言は不謹慎だぞ…佑介」



「…俺も訊きたくない…敦司とアイツの夫婦生活なんて…」




「あのなぁ!?言っておくが…尚也…私はまだ…」










この作品のキーワード
イケメン  政略結婚  頭取  逆ハーレム  セレブ  女子高生  年の差  コメディ  甘酸っぱい  シリアス