最近、なずなさんの様子がおかしい。


一緒にお昼を食べているとき、俺の話を上の空で聞いて頭では何か別のことを考えているみたいなことがよくあるし。


こないだは夜お店まで迎えに行って並んで帰るとき、あの照れ屋ななずなさんが自分から俺の手を握ってきたからびっくりしてしまった。

嬉しいけど、それには何か理由があるような気がしてしまって、手放しで喜べない。

どうしたのかと聞いても、なずなさんは首を横に振るばかりだ。


クリスマスの日、店長はブーブー文句を言いながらも休みをくれることになったから、ゆっくり話を聞いてあげたいな。


そして、俺からのクリスマスプレゼント……

なずなさん、喜んでくれるといいな。


この作品のキーワード
アロマ  オトナ女子  アラサー  年下  草食系  結婚  三角関係  ほのぼの  切ない