いずみが風呂に入ってる間、

ただテレビを見ていた。




特に何も考えず

流れる映像を眺めていた。




バタン。



いずみが風呂を上がったらしい。

向こうの方でゴソゴソと音がしている。





数分経って、

部屋着になったいずみが

リビングに戻って来た。





風呂上がりらしく、紅くなった頬。



髪をサラサラに乾かして、

化粧も落として、

少し幼くなって。





風呂上がりのいい匂いがしていた。





その姿に俺の鼓動が早くなる。

女っぽいいずみに胸が熱くなる。






………ヤベェな。





別に、

風呂上がりの女なんて、

慣れてないわけじゃない。



それなりに、かなり見てきている、




……のに。




まいった。

いずみに触れたくなる。




俺は、

いずみに相当やられてるらしい。






この作品のキーワード
オフィスラブ  上司  同期  胸キュン  溺愛  男目線  大人女子  イケメン  プロポーズ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。