腹も満たされ、

買い物も終わったらしいいずみは、




『帰る?』




と、聞いてくる。






そうだな。

もう、帰るか。





明日は、部課長のゴルフがある。

朝は早い。






アウトレットから、

いずみをマンションまで送ってきた。






帰りの車の中で、

いずみは、




『運転させてよ。』




と、しつこかったが、




『次、お前が運転しろ。』




と、

次もまた何処かへ行くという事を

さりげなく匂わす。







自宅マンションに戻り、

少し仕事をしてから、風呂に入った。






今日は、早めに寝る事にした。

ベッドで一人、目を閉じる。






昨夜のいずみが思い出される。






俺のこの腕の中で

いずみが居たんだと思うと

心が温まる感じがした。






かなり動揺している様子だったが、

頑なに拒否もしなかった。






抱きしめた感触が

俺の中に記憶されている。





いずみに俺を意識させようと

動いているのに、

俺の方があいつの温もりを

忘れられない。





動き出したら加速するばかりだ。





もう、いずみの顔が見たい。

もう会いたくなる。

さっきまで一緒に居たのに。






また、いずみを抱きしめて眠りたい。







重症だな。





この作品のキーワード
オフィスラブ  上司  同期  胸キュン  溺愛  男目線  大人女子  イケメン  プロポーズ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。