「っで、その月曜から
冴えない顔してるのは
そういう理由(わけ)なのね。」


結局、私は全てをまた香澄に話した。
お酒の出ない社食にて。


「うーん。
ただならぬ雰囲気で
強引に話を決められたんだけど
後になってよく考えると
こんなことでいいのかなぁって。」


「いいんじゃないの?
年齢=彼氏いない歴の胡桃に
遂に彼が出来たんじゃない。
しかも一度に二人もよ!
もっと、喜びなさいよ。」










はぁ………………。
結局、坂下さんの提案はこうだった。


取り敢えず、両方と試しで付き合う。
期日は3ヶ月。
そして、
3ヶ月後、どちらを選ぶのか。
それともどちらも選らばいないのか。
私の好きにしていいらしい。


ってさぁ。
簡単に坂下さんは言ってたけど、
これって、要は二股じゃん。


「っで、週代わりなんだって?
その和菓子職人とーーー」


「僕とね?」


「坂下さんっ!」


「胡桃ちゃん、そんなに驚かないでよ。
これでも仮彼氏なんだから。」


坂下さんは社食のトレイに
お蕎麦を乗せて私たちのテーブルに
そのまま座った。
私の隣にーーー。


「あっ、私お邪魔ですよね?
どうぞ、ごゆっくり~って
あんた、何、押さえてんのよ。」


香澄が席を立とうとするのを
阻止するべく向かいに座る、
香澄のトレイを思い切り押さえた。


「ああ、春川さんも
気を使わないで。
一応ね、色々と細かいルールがあってね、
僕が担当の週以外は社内では
二人きりにならないことに
なっているんだ。なんせ、
猫の額が煩くてさ。
まぁ、そのうち
堂々と二人で手を繋いで歩くことに
なるけど……ねっ?胡桃ちゃん。」


「っ/////////////」


そ、そのウインク止めてください……。


「ねぇ、猫の額ってなによ。」


「うん……また追々に話す……」


と、小声で聞いてきた香澄に
小声で答える。


「そっ、まぁどちらにしても
まだまだ、聞かなきゃいけないこと
これはーーー相当ありそうね。」


と、私たちがこそこそ
話しているうちに
すっかり食べ終えた坂下さんが、


「じゃ、胡桃ちゃん。
僕、時間がないから行くけど、
あまり、甘いものは食べないようにね。」


坂下さんは私の頭をぽんっとすると、
颯爽とその場から立ち去った。


うぅ~
ぽんっとかって……
確かに憧れていたけど……
実際にされるとーーーー



照れる///////////


















この作品のキーワード
mira!  職人  ラブコメ  イケメン  甘い  和菓子  三角関係  毒舌  スイーツ  m-love 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。