ーーーー俺だけの女になれよ





坂下さん……
何だか、いつもと雰囲気が
全然違ってた。


普段は僕なのに俺とか言ってたし……
それにーーー
あのキス


きゃぁ~~っ///////////
今、思い出しても顔から火がでるぅ


だけど、
拒否しなかったんだよね私。
何でだろ?
まぁ、ビックリしすぎて
頭が真っ白で動けなくなったのも
あるけれど……


何故か坂下さんのキス
嫌じゃなかった。


あんな濃厚なキス
勿論、初めてだったけど
拒むことはしなかった。


何でだろ……。


にしてもーーーー


まだ唇に坂下さんの感触が……
ひゃぁ~
やっぱりダメダメダメ
あの日以来、忙しいらしく
坂下さんに会っていないんだけど
次、どんな顔して会えばいいのよっ。


とてもじゃないけど
普通になんて出来ないよ……。


はぁ……困ったな。













「あんたさ、さっきから
何、赤くなったり青くなったり
わーわーきゃーきゃー
一人で騒いでんのよ。」


「へっ?」


顔を上げると香澄が目の前にいた。

この作品のキーワード
mira!  職人  ラブコメ  イケメン  甘い  和菓子  三角関係  毒舌  スイーツ  m-love 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。