本当は凄く好きなのに


面と向かって「好きです。」って


言えなくなった。


あなたに


「好き。」って言うのが怖くなった。


でもね


私を欲しがってくれている


妖艶な獣になった時の


あなたの瞳に見つめられると


「….好き。愛してる。」


と素直に言えてしまう。


その言葉に応えるように


今日もあなたは私に


紅い華を咲かせる。




この作品のキーワード
大人恋愛  結婚  オフィスラブ  切ない  部長  嫉妬  バツイチ  イケメン  永遠の愛  裏切り 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。