「何?妬いてくれてるの?ちょー照れるんですけど。」



「そういうことじゃ…///」



そうですよ!確かに妬いてる!



けど、なんか悔しいー!!!



「え?なに?好海?素直じゃないなー?」



そういって、顔を近づけてくる寛人。



ちょっとでも前に出たら、キスしちゃうんじゃないかってくらい…近い…