人相というものがあるけれど、なんとなく始めてであった人の血液型をあててしまう力というか感が妙にはあった。

目次