ー…



(…そう、決めたはいいけれど)



バイト終わりの夕方、私は一人清掃員用のスタッフルームで昨日神原さんから渡されたカードと携帯を手にしていた。

携帯に番号は入力したけれど、あと一つボタンを押す勇気が出ない



軽いキャバクラって言ってたけど、そもそも私にキャバクラなんて務まるのかな…!?

お酒も飲めないし、男の人に慣れてもないし、それより何より



(春田先生が、いるのに…)



好きな人がいるのに男の人に接する仕事なんて、私に出来るのかな

どうしても春田先生の顔が出てくると、通話ボタンは押せないよ



この作品のキーワード
医者  年の差  ほのぼの  純愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。