ー…



「……」



ある日の午後

子供たちのいるキッズスペースへと立ち寄れば、そこには無言で折り紙を折ったり紙粘土で何かを作ったり画用紙に絵を描いたりする子供たちの姿



「おー、また何か陸に遊びでも教えてもらったのか?」



「……」



「おーい」



「……」



「おーい…」



「……」



いつもなら声をかければ全員揃って声を返してくるのに、今日は誰一人として一言も返事をしない。

それどころか、作業する手を止めることなく超真剣だ



この作品のキーワード
医者  年の差  ほのぼの  純愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。