ー…



「ふーんふふーん♪」



よく晴れたすっきりとした天気の朝。今日も私は一人、病室へ向かい病院の廊下を歩く

足取りは軽く、手には小さな花束を持って



「あら陸ちゃんおはよう。今日は一段とゴキゲンねぇ」



「はいっ、おはようございます!」



笑顔がこぼれて、抑えきれない

ウキウキとしてしまうその理由は





『頼って甘えて、ぐずってもいいから』





あの日の、彼のぬくもり



(最近、春田先生と距離が縮まってる気がする)



触れてくれることが増えたし

微笑ってくれることも増えた

そんなひとつひとつが、すごく幸せなんだ



毎日毎日、もっと彼を好きになっていく





この作品のキーワード
医者  年の差  ほのぼの  純愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。