**************

腕によりをかけ

我ながら上手く出来た料理を

貴晶さんは

『このハンバーグ美味いな。』

『食べるのが勿体ないくらい
デコレーション上手く出来てるな。』

『甘さがちょうどいい。』

と、絶賛してくれた。

部下だった数ヶ月前までは

仕事では良く怒られていたけど

家では私を愛してくれて

たくさん褒めてくれる優しい人…。

恋人の頃より甘さが増して

愛おしい気持ちが溢れそう。

疲れているはずだから

そんなに気を遣わせたくない。

私から抱きついて

甘えたくなる気持ちを抑えた。

でも、来年のクリスマスも

こうして家で過ごすのもいいな…。


***************

プレゼントに買った

黒色のマフラーも受け取ってくれた。

会社ではあまり笑わない鬼部長が

私だけに見せてくれる嬉しそうな顔。

外は寒いけど、ココロが温かくなる。

寂しかった一日も埋め尽くされる。

私もピンク色を一緒に買ったから

色違いのお揃いをお互いに纏って

手を繋いで一緒に街を歩きたい。

でも、恥ずかしくて口には出来ない。

すると貴晶さんが

「…クリスマスプレゼントその2。
明日の夕方
俺はこのマフラーをするから
茉優莉はピンクのマフラーをしろ。

そして…一緒に駅前通りの
イルミネーションを見に行くぞ。」

と、サラリと私に言った。

この作品のキーワード
特集26  クリスマス  プレゼント  溺愛  結婚  夫婦  甘々  部長  サプライズ  SS 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。