「今は完全にフリーですから。理子さん、よろしくお願いします!」

頭がテーブルにくっつきそうなほど下げられ、理子の目が丸くなる。

(よろしくお願いしますって……頭を下げられても……)

頼んだバナナジュースがやってきた。

浩太も飲んでみたいと、同じバナナジュースを頼んでいた。

美味しかったらしく、一気に飲み干す勢いに理子は笑う。

「もう理子さんの笑顔、やばいです。ずっと笑っていてほしいな」

ふいにドキッとするようなセリフを囁かれて、理子は浩太に圧倒されっぱなしだ。

「俺、ヘアデザイナーになったんですよ。近いうちに理子さんの髪弄りたいな。ここらへん伸びすぎてうっとおしそうですよ」

浩太の指先が理子の前髪に触れる。

さらっと指ではじかれ、また理子の心臓がドクンと鳴った。

「も、もう行かなきゃ」

伝票を手にして理子は立ち上がった。

「理子さん!」

怒った顔をして浩太がやってくる。

「な、なに? どうしたの?」

「ここは俺が払います」

財布を出した浩太は理子より先にお金を払う。

外に出てから払えばいいかと、理子は先にカフェを出た。

支払いを済ませ店を出た浩太に理子はお金を渡そうとした。

「理子さん、俺のプライドをズタズタにしないでください。今後、デートの費用は俺が払いますから」

そう言って、お金を押し返される。理子はしぶしぶ受け取った。

「ごちそうさまでした」

翔のデートを思い出せば、ほとんどが割り勘だった気がする。

(そりゃ二股かけていたら、デート費用もないよね)

再び代官山の駅に向かって歩き、着いたところで浩太と別れた。