「つーか、だいたいオレはコネ入社じゃねぇっつーの」

 居心地が良いから、木内に愚痴りたくなってきた。

 最初は木内の愚痴を聞いてやるつもりだったのに・・・。

 本末転倒。

 「・・・と、言いますと??」

 だって、木内は聞いてくれるから。

 「社長の息子が弁護士になりたいって言って、会社継げなくなったから、社長に頼まれてこの会社に入ったんだっつーの。 オレは別にやりたい事もなかったから『じゃあ、入ります』ってなっただけだっつーの。 オレから『入れてくれ』って言ったわけじゃねぇのに。 息子だったら『コネ入社』って言われなくて済んだだろうに、オレが従兄弟だったばっかりにこの扱い。 納得出来ねーっつーの!!」

 屋上なのを良い事に、大きい声を上げる。

 あ、なんかちょっとスッとする。

 「みんなの前でもそのキャラ出せばいいのに。 きっとみんな、橘さんの事好きになりますよ。 誰も『コネ入社』って言わなくなりますから」

 雄叫ぶオレを見て木内が笑った。

 ほらね。

 やっぱり、木内はオレが喜ぶ言葉をくれる。

 木内には何でも話せる気がする。

 つか、聞いて欲しい。

 やっと会社で1人、心を開ける人を見つけた。

この作品のキーワード
浮気  年下  同僚  失恋  切ない  社長  イケメン  元カレ  結婚  プロポーズ