運命はいつ運命だと気づくのだろう





きっとそれは、




あなたを好きと思ったその時から













その冷たい瞳、いつかあたしが溶かしてみせる





だって感じちゃったから...





あなたはほんとはとても暖かい瞳の持ち主だって...













あたしの王子様はいつからか





冷たい瞳のあなたでした─────────









この作品のキーワード
イケメン  切ない  胸キュン  王子様  ドキドキ  意地悪