「私はそんな軽い女じゃないのよ」


 そう言わんばかりに、差し出した俺の手を軽くはたく。

 探るように真っ直ぐ見つめる、大きな瞳。

 元は白かったのか?
 薄汚れたグレーの毛皮をまとい北風吹きすさぶ公園に佇む君。

 もうすぐ日が暮れる。意地を張らずに一緒においでよ。
 寒くて、誰かに気付いてもらいたくて、泣いていたのは君だろ?

 もう一度手を差し出すと、君はおずおずと、俺の手を受け入れた。

 俺はコートの中に君を包み込む。
 安物の薄っぺらいコートでも君を暖めるくらいはできるよ。

 本当は彼女と一緒に見るはずだったイルミネーションを君と一緒に一巡して、家に帰ったら不要になったシャンパンを開けよう。

 新品のフルートグラスに注いで、君との出会いに乾杯。
 君にはミルクだけどね。

 コートの中をのぞき込むと君はすっかり安心してのどを鳴らしていた。

 君との奇跡のような出会いに感謝して。

 聖夜の鐘の音を聞きながら、俺は君の鼻先に口づけた。


(完)


この作品のキーワード
【特集26】  失恋  出会い  子猫  ほのぼの  クリスマス