お母さんの言い分もわかってるつもりだ。


いつかは継ぐつもりでいたから覚悟はしていた。


ただ、心配な事は狼鬼の事だ。


私が辞めると言っても、あいつらは止めるだろう。


それに新しい総長も決めないといけねぇ…。


新しいと言っても、あんまり変わらないが…。


ただ、副総長だった雄吾が総長になるだけだ。


本人は笑顔で断りそうだがな…。


この作品のキーワード
美少女  暴走族  お嬢様  留学  銀髪姫  スタ文大賞  地味子  女総長  御曹司