あれから約一時間がたった。


センコーに呼び出された私は、今やっと解放された。


しかも呼び出された理由が、プリントの整理を手伝えって。


そんくらい自分でやれ!って思ったくらいだ。


「遅くなって悪かったな。気をつけて帰れよ〜」


あんたが残したのにいい加減だな。


まぁ、そのいい加減さが私的には楽でいいんだがな。


「何あれ〜だっさ〜」


「知らないの?ほら、一年の地味子」


「あ、知ってる〜。いつもメガネかけてて、おさげの子でしょ?」


「そうそう」


廊下を歩いてると、女子達の会話が聞こえてきた。


この作品のキーワード
美少女  暴走族  お嬢様  留学  銀髪姫  スタ文大賞  地味子  女総長  御曹司