「はぁ…」


慣れないドレスって辛いな。


早くパーティー終わってほしい。


本当に溜め息しかでねぇわ。


だからパーティーなんて来たくなったんだ。


いや、他にもいろいろ理由があるけどさ。


早く庭に行って休みたい…。


私ははぁと溜め息をつき、ドレスの裾を踏まないように裾を掴んだ。


これなら少しは楽になる。


にしてもこんなに遠かったか?


行くときは近くに感じたのに…。


何かすげぇ遠く感じんだけど。


何でだ?


この作品のキーワード
美少女  暴走族  お嬢様  留学  銀髪姫  スタ文大賞  地味子  女総長  御曹司