短編ということもあり、名前を出すかどうかも悩んだのですが結局は出しましたね。

クリスマスということで、それにかけた名前を付けていたのでそのまま使いました。

ここら辺は本当に自分のセンスの無さに苦笑いです。

リースはそのまま、「クリスマスリース」
トゥーリは、「ツリー」
ジベルは「ジングルベル」からでした。

ちなみに「ムッシュノエル」こと「コースケ」は別の短編から出張で来てもらっていたのでクリスマスは関係ないです。

その短編とは「さくら一粒」内に掲載しようとしていた「マンブル」という話なのですが…こちらも長いこと準備中でございます。

話を戻して「さよなら~」の登場人物ですが、気が強くて頑固者ということだけを決めて話を進めました。

現在の年齢は26歳くらいでしょうか…。

リースはライターの仕事に就いています。

「フェアリーテール」の頃のリースはまだ学生で、すぐに「煩い!」と怒るような短気な子でした。

それがおおよそ10年の時を経て気の強さは残しつつも落ち着いた彼女を書いてみたのですが、私の作品には珍しいタイプだったので楽しかったです。

もう少し長く書いてみたかった。

この短さじゃ全く違いが分からないけど(笑)私の中では結構頑張りました。

ちょっと位が高いと言いますが、丁寧な言葉遣いをする女性を書くことが多いのでもう少し普段の自分に近い話し方をする子を主人公に書いてみたいなと思いました。

ジベルの言葉遣いはあれです、雑だし上品ではないです(笑)

それこそが最も普段の私に近い気もする。うわー。



「さよなら魔法使い」  2013.11 完結

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。