「っあー!!めんどくせえ!」


帰宅後、荷物を放り、ベッドへ突っ伏す。


「王子とか、笑顔とか…全部めんどくせえ!」


「じゃあやめたらいいじゃん」


「それができたら苦労はしな……ん?」


聞こえた声に、頭を上げると。


「大変だね、イケメン王子も」


「お前かよ……」


ベッドの端に、俺の幼なじみである片桐 栞が座っていた。