「またか…」

薄暗い部屋で、椅子に縛り付けられている私。

「あ、起きた?」


もうこれで何回目だろう。
まぁ、休日の度に監禁されてたら慣れるよねぇ。

「今日からまた二日間、一緒だね♪」


この作品のキーワード
ヤンデレ  嫉妬