それは、一月下旬。

ある休日の出来事だった。


私の携帯カメラは、車のギアを握る臣くんの手にムービーモードで向けられ、駐車時のバックとドライブの切り替えの瞬間をとらえていた。


「人の手ばっかり撮ってんじゃねーよ」

「はっ!ついつい臣くんの手に集中しすぎて……臣くん!次は顔を中心に撮影するから、もう一回バックで駐車を……」

「誰がそんな面倒なことするかよ」


ちぇー。

駐車する臣くんムービー、手しかとれなかった。

今日は地下駐車場verなのにさ。


「さっさと降りろ。置いてくぞ」

「ハイ……置き去りは勘弁してください」


素早く車を降りて、臣くんの隣へと移動する私。


「腕、くんでもいい?」

「やだ、って言ったら?」

「意地でも臣くんの腕にひっつきマス(タコの吸盤のごとく)」

「だろうな」


そう言うと、


「ほら、さっさと腕よこせ」


と、私の腕を迎え入れる体制をとってくれる臣くん。

遠慮なく腕を絡ませて、ぴっとりと臣くんにくっつく私。

そんな私達は、食材の買い物でスーパーが隣接したショッピングモールに来ております。

この作品のキーワード
新婚  夫婦  ラブコメ  溺愛  甘々  ツンデレ  結婚  らぶらぶ  プロポーズ  妄想