私の一日のはじまりは、まず朝5時半に起床して、洗顔と歯磨きを済ませてナチュラルにメイク。


それからキッチンに立ち、朝食を作ります。


今朝のメニューは、炊き立てのご飯に、お味噌汁、焼き魚に玉子焼き。


和食中心にしてみました。


そして7時になる10分前に寝室に行って、愛しの旦那サマの寝顔を―…


10分間だけ堪能した後、旦那サマを起こすのです。


「臣くん、臣くん~」

「……」

「朝だよ~起きて~」

「……」

「お~き~て~」

「……」


そう声をかけるも、旦那サマはなかなか直ぐには起きてはくれません。


仕方ないので、こんな時は私が、


「―…抱きついて、チューするよ」


こう言えば、ムクッと布団の中から出てきてくれます。


この作品のキーワード
新婚  夫婦  ラブコメ  溺愛  甘々  ツンデレ  結婚  らぶらぶ  プロポーズ  妄想