今日も臣くんを笑顔で仕事に送り出し、お掃除なうの幸代です。毎朝、臣くんのスーツ姿には惚れ惚れしちゃう。いっそのこと、臣くんスーツ姿verのオリジナル写真集でもフォトブックで作ってやろうか。

うん。近日中に実行してやろう。

そんな企みをしながら、リビングの窓をガラッと開けると、ビューッと入ってくる冷たい風。

もう暦は十二月。

すっかり寒くなりました。

けど、私と臣くんの師走の思い出には“寒”の文字なんてないわ。だって、十二月は私と臣くんが出会った二人の愛物語の始まりの月だから……


やだ。そんな事、思い出しちゃうと掃除の気分じゃなくなっちゃう。こうなったらレモンティーでも飲みながら、その時の思い出に浸っちゃおう。


うん。本日の午前中の予定はそれで決まり。



この作品のキーワード
新婚  夫婦  ラブコメ  溺愛  甘々  ツンデレ  結婚  らぶらぶ  プロポーズ  妄想