臣くんとの出会いと馴れ初めを思い返しながら優雅なティータイムを過ごした私。その後は洗濯をしたり、夕食の準備をしたりして、のんびりとした時間を過ごしていた。

すると、携帯から“愛が~”が鳴り出す。


臣くんからの着信……!!


瞬時に反応すると、夕食準備を中断して慌てて携帯をとる。


「も、もしもしもし」


思わず、“もし”の回数が一個多くなる。臣くんは、というと、


『今夜だけど―…』


と、そんなことに突っ込んでくれる筈もなく、用件を言い始める。


「こ、今夜?」


今夜、一体、何でしょう??そう思いながら、話を聞いていると、


『あぁ今夜、塚本が家に来るから』


臣くんの口から出た“塚本”という言葉。私は思わずカッと目を見開いてしまう。


「つ、塚本……」


『そう塚本。仕事終わってから一緒にそっちに行くことになってるから。一応、お前に連絡しておこうと思って』


それだけ言うと、臣くんは『じゃあな』と、携帯をさっさと切ってしまった。

この作品のキーワード
新婚  夫婦  ラブコメ  溺愛  甘々  ツンデレ  結婚  らぶらぶ  プロポーズ  妄想