翌朝。私は気分良く起床した。

隣で寝息をたてる臣くんに、朝からイッパツ熱いチューをかまそうと唇を狙うが、臣くんが急に寝返りをうったため、枕に突撃してしまった。

気を取り直して、もう一回試みたけど、またもや寝返りをうつ臣くんに失敗し仕方なく諦めた。(実ハ起キテルンジャ……)

それから、朝食の準備をして臣くんを起こし、何時もの様にお見送り。

そして、何時もの様に片付けや掃除をしていると―…家の電話が鳴った。


「はい、さく……」

櫻井です。


そう、言い終わらないうちに、


『幸代ちゃん、おはよ~う』


と、受話器の向こうから上品なマダムの声が聞こえてくる。


この声は―…

お、

お義母サマッ―…!!


「お、おはようございますっ!」

『あのね、今からちょっとそちらへ伺おうと思うんだけど、幸代ちゃん、いるかしら?』

「はい。今日は特に用事もないでのいますけど……」


そう私が答えたところで、


『じゃあ、今から伺うわ』


という言葉の後、プツッと電話が切れた。


そして、


ピンポーン―…


と、インターフォンが鳴った。

この作品のキーワード
新婚  夫婦  ラブコメ  溺愛  甘々  ツンデレ  結婚  らぶらぶ  プロポーズ  妄想