特別カッコイイわけではない。

特別バスケが上手いわけでもない。


話が特別面白いわけでもない。


見た目通り口下手だし

器用と見せかけて不器用だし

分かりにくい愛情表現だし


女心を何一つ理解してない。



そんな児玉くんだけど


あたしは確実に――


――惹かれていったんだ。





\ イイオトコ企画小説 /  




「俺もう我慢しないよ」


誰かにあそこまで迫られたのは

生まれてはじめてでした。




■□■□■□■□■ 

作成開始 11月18日

完成   12月03日

■□■□■□■□■








この作品のキーワード
壁ドン  児玉くん  イイオトコ  切ない  不器用  対決  バスケ  告白  雨音モナ