「やっと帰れる。」

火の神・日向が現れたことによってカルサたちの状況は大きな変化を遂げた。

貴未は長年帰ることが出来なかった故郷への道筋を見付ける。

カルサは新たな力の取得の鍵を見付けた。

しかしリュナには不穏な影が見え始める。

「行って来い貴未。」

カルサはこの先のすべてをかけて貴未を故郷へと送り出した。




〈カラクリの国〉

††

とおいどこかの世界、神の力を受け継ぐ雷神と風神の物語




☆★☆



++++*カラクリの国*++++
p1~p196
2013.12.20 ~ 2014.02.25


++++*第二の襲撃*++++
p197~p534
2014.03.28 ~ 2014.09.10


++++*運命の歯車*++++
p537~p---
2015.06.22 ~ 201-.--.--


この作品のキーワード
王族  騎士団  純愛  続編  カラクリ  シリアス  異世界  過去  花火 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。