最初は無愛想だし話さないし絶対仲良くなれないと思った。


目立たないしイケメンでもないし(失礼)。


友達と一緒になって無視するし、絶対嫌われてると思った。


なのに、そんな笑顔を隠していたなんてずるすぎる。





「なんかめんどうな女に告白されて……」

「え、中出を好きになる女の子なんかいたんだ!?」

(あたしも好きだけどな!)

「収まるまで……彼女の代わりしてくれん?」

「あんた、そんなんで女の子が諦めるとでも思ってんの? これだから男ってのは」

(なんだなんだこの展開!!)


初めて交わしたまともな会話がこれ。





「あーんなことやこーんなこと妄想しちゃったから抱き着いてもいい!?」

標準語の妄想肉食系女子

飯田奈子
いいだなこ

×

「……死ね」

越中弁混じりのツンデレ無気力系男子

中出駿哉
なかいでしゅんや




君の笑顔はプライスレス。





玲穏★*様主催
企画「偽恋」




さとうささ様
氷川真紗兎様
とっても素敵なレビューありがとうございました!o(^▽^)o




2015/01/13
Berry's Cafeオススメ作品に掲載されました!





Thanks 100000PV!



2013/12/01~2013/12/29


この作品のキーワード
偽恋  企画  恋愛  コメディ  ツンデレ  大学生