君はきっと知らないだろう、
儚くも華やかな光に照らされた
君に見惚れていたことを。  



『黒髪眼鏡男子企画』参加作品

20131120~20140305

この作品のキーワード
短編  純文学  微糖  古書店  三十路男子  ロリィタ少女  黒髪眼鏡男子 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。