ー…



「…うーん…」

「ねぇ知香、まだ決まらないの?」

「…うーーん…」

「迷ってるわねぇ…」



寒さ増す、12月のある日曜日。
近くのショッピングセンターにある洋服屋で、私はグリーンのドレスとネイビーのストライプ柄が入ったドレスを並べ見比べては首を捻らせていた。



(グリーンかネイビーか…うーん)



今日の目的は他でもない、来月にある後輩の結婚式の為のドレス選び。



先日の一件の後、無事招待状を受け取りその場で参加の返事を渡した。

けどもうかれこれ結婚式なんて3年は出てないし…どうせならドレスも新調しようとかおりを連れてやってきた訳だけれど、どれがいいのかさっぱり分からずひたすら首を捻らせている。



この作品のキーワード
上司  オトナ女子  結婚  過去  オフィスラブ