ー…



迎えた翌日、お試し会二日目の日曜日。

今日の私は昨日とは打って変わり、開店一時間前には既に完璧な状態で控え室に立っていた。



(化粧もばっちりだし、髪型もきちんと家でセットしてきたし)

足元を見れば、それは昨日と同じ黒いフラットシューズ。



「……」



今日は足も、大丈夫

彼のくれたこの靴があるから



心の奥も、いつもよりどこか温かい





「っよし!今日も頑張るぞー!」

「あら、気合い入ってるわねぇ」

「あっかおり。おはよー」



そう一人気合を入れているところにやって来たのは、ちょうど出勤してきたところらしいかおり。

その目はこちらを見ておかしそうに笑う。



この作品のキーワード
上司  オトナ女子  結婚  過去  オフィスラブ