「準備できたか?行くぞ。」



今日から私は青嵐の定時制に通う。


この三ヶ月の間、仁はほとんど毎日私と一緒にいてくれた。



でも今日から仁もちゃんと仕事に戻る。



仁の仕事の終わる時間が私の学校が終わる時間よりも遅いから帰りは龍樹がきてくれるみたい。


仁が帰ってくるまでは家で夜ご飯を作って待っている事になっている。





──仁の手を握って龍樹の待つ車へと向かった。







この作品のキーワード
ヤクザ  若頭  極道  イケメン  激甘  溺愛  裏切り  組長  甘い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。