─「若。着きました。」


龍樹が車を停めたのは高層マンションの前。


おっきいな…


龍樹が車を降りて素早く後部座席にまわり、扉を開けてくれた。


「ん、」


先に降りた仁が手を出してきてくれた。

戸惑っていると


「早くしろ…」


不機嫌だけど優しい仁の声が聞こえた。恐る恐る仁の手をとると、クッと体を引っ張ってくれた。


手を繋いで歩く。


「どうぞ…」


オートロックを真が解除してくれて私達はエレベーターを待つ。


龍樹は車で待機しているみたい。


「なん階…?」


「ん?最上階。」


そんな会話をしながらエレベーターに乗り込み仁の部屋を目指した──





この作品のキーワード
ヤクザ  若頭  極道  イケメン  激甘  溺愛  裏切り  組長  甘い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。