それから2日間、家で仁とまったりと過ごした。

必要以上に人と接触する事がまだできない私の為に仁は家で過ごしてくれていたんだと思う。


この2日間で仁の色々な事を知ることができた。


以外にも25歳だということ…


今まで一度も彼女を作った事がないということ…


私の為に煙草を止めてくれたこと。


私と同じ青嵐高校に通っていたこと。


龍樹と真とは小学校からの付き合いだということ…



なんでも話してくれる仁の顔は極道やヤクザの顔なんかじゃなくてただただ優しい男の顔だった。






この作品のキーワード
ヤクザ  若頭  極道  イケメン  激甘  溺愛  裏切り  組長  甘い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。