~雷 side~

廊下を必死に走る。

授業中だから、静かにしなきゃなんねぇんだろうけど、そんなことは気にしてられねぇ。

俺は、保健室へと足を急がせた。

「く、そっ…!」

こんなにも、俺の足が速くなれと願ったのは、いつぶりなんだろう。

もどかしい。



やっと着いた保健室のドアを思いっきり開け、ドアがバァン!と音をたてたのも気にせずに、

「春輝っ!!!」

俺は、春輝が寝ているベッドへと駆けた。

「雷…」

「龍也、春輝は…」

「…大丈夫だ。ただ…」

言葉をきった龍也の視線の先。

春輝は苦しそうに顔を歪めていた。

「また魘されてんのか……」

この作品のキーワード
暴走族    イケメン  無表情  美少女  最強    ブルー14   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。