階段をあがっていく空夜。

「離せ」

そう言っても無言で腕を掴んだままだから、私もあがっていくしかなかった。




階段を上がりきってすぐに扉があり、空夜はその奥へと入っていく。

ソファーやテーブル、ベッドにキッチンなど、生活感溢れる部屋。

「幹部室だ」

幹部、室…。

幹部以上しか基本的に入れないところだっけ。

「空夜。俺帰る」

「ダメだ」

「俺はここにいるべきじゃない」

「んな理屈聞いてんじゃねぇ。
お前のことほっとけねぇんだよ」

「…………」

「助けてやりてぇんだよ。
だからここにいろ。
ここにいる理由なんてそれだけでいいだろ?」

「でも…さっき…」

この作品のキーワード
暴走族    イケメン  無表情  美少女  最強    ブルー14   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。