あたしの初恋は

6つ年上の幼なじみ


あたしが生まれたとき

彼は小学生で

あたしが小学生になったら

彼は中学生になった


ずっと彼の背中を見て

淡い恋心を抱いていたの



面倒見がよくて

いつだって優しい彼が

憧れで、大好きだった





それは高校生になった

今でも変わらないよ



あっくん

大学生活は楽しい?


あたしのことなんて

忘れちゃったのかな……



*
.
,
+
'
.
,
,





あたしが高3になった春


彼はあたしの前に

"教師"として現れた






「へえ、可愛くなったじゃん」


「……俺に溺れてみる?」



こんなこと言うあっくん

なんて知らないっ!!


幼なじみとはいえ

あっくんは"教師”でしょーっ!?





完結*2013.12.27



(c)Paru.


この作品のキーワード
  再会  幼なじみ  俺様  教師  先生  年上  ドキドキ  胸キュン  短編10