連れてこられたのは、タワーマンションの最上階。
 ワンフロア全部が鷹城総一郎の自宅だった。

「ありえないんですけど」

 玄関を開けた時の、私の第一声がこれ。
 とても広い玄関。
 そして、これまただだっ広い廊下へと繋がっているわけなんだけど。
 私は今、豪華過ぎて茫然自失となっているわけじゃなかった。

この作品のキーワード
結婚  腹黒  鬼畜  セレブ  社長  眼鏡  敬語  ヤンデレ  狂愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。