「た、たかじょ、さん! 待って、待ってっ!」

 二の腕を掴まれ、廊下を引きずられるようにして、寝室のベッドの上へと放り出されてしまう。
 スプリングで身体が大きく跳ねた。すぐに身体を翻し、ベッドから降りようとしたんだけど、のし掛かってきた鷹城さんに両手首を頭上で拘束されて、ベッドの上に縫い止められた。

「ごめんなさい、黙ってて、嘘……ついて、ごめんなさいっ」

 必死に謝った。けれど、私の謝罪の声は全く聞いてもらえなくて。
 サイドボードに出しっ放しになっていたネクタイで、私は両手首を括られて自由を奪われてしまった。

「たか、じょう、さん!」

 悲鳴のような私の声。
 仰向けになった私の上で、鷹城さんは暴れる私の足を押さえつけるようにして跨ぎ、着ていた自分のシャツを乱暴に脱ぎ捨てた。
 そして、彼の手が私の服にかかり、引き千切るようにして剥がされてゆく。

「やあぁっ! やだ、おねが、も、やめてっ! ……怖いよっ」

 怖い、怖いよ。
 表情を消した冷たい顔で、昏い怒りを宿した恐ろしい眸で私を見ないで。
 嫌われてしまったのだと、私の謝罪の言葉など聞くに値しないと、そう言われてるみたいで、辛い。
 黙っててごめんなさい。でも、少しでも傍にいたかったから。貴方の温もりを感じたかったから。
 だから、言えなかった。
 離れるのが辛かったから、口に出すことが出来なかった。

 ごめんなさい。
 本当に……ごめんなさい……。

「……泣くな」

 鷹城さんの大きな手が私の髪に触れる。切れそうに鋭い眼差しが、ふっと緩む。
 私に触れる彼の手がとても温かくて。優しく感じて。
 目尻から涙がひとしずく零れ落ちた。

「寧音、二度目はない」

 彼の言葉に、ひくっと嗚咽が漏れる。

「どんな理由があろうとも、次に逃げ出したら」

 鷹城さんの顔が私に近付く。口付けられると思って、ぎゅっと瞼を閉ざした。
 けれど。

「あッ、痛いッ!」

 首筋に口付けられて、そのまま思い切り噛みつかれた。濃い血の香りが鼻腔をくすぐる。噛みつかれズキズキと痛む箇所を、彼の舌がぞろりと這った。
 ブワッと首筋の産毛がそそけ立つ。

「寧音の自由を奪います」

 唇の端に付いた血を、鷹城さんは、私を見据えたまま見せつけるように舌で舐め取り、そして、鉄の味がする唇で、私の口腔を激しく犯した。