誰よりも美しく、魅力的な「結城」
幼い顔立ちの、かわいい「拓海」

二人はこれまでずっと二人で暮らして来た。
そして二人で暮らすのには、理由があった。


切なくて、そして誰かを愛したくなる、そんなお話です。


------


本当に楽しんで書きました。
わくわくして、どきどきして、悲しくて、愛しくて。

結城も
拓海も

それから彼らと恋をして、愛を知る女性たちも、

愛しくてたまりません。

彼らの人生を一緒に経験してもらえると、うれしいです。


そして、

ふと横を見ると主人がゴロゴロしていて、
わたしが描く「結城」や「拓海」とは顔立ちからして違うし、
どっちかっていうと「大泉洋」みたいな顔で、
「わたしの人生で、もう超絶イケメンと恋愛することなんかないんだな」
なんてガックリと肩を落としますが、

でもやっぱりこの作品を読み終わると、
「主人と出会えてよかったな、愛しいや」
と思うんです。


そんな作品です。

------

2014年4月編集部オススメに選んでいただきました。
ありがとうございます。

-----

レビューを下さった石川 結女、れんれんかさん
感想をくださった都築 彩葉さん、Min-Gooさん、石川 結女さん、玲ポンさん、おみゆちゃんさん、usamoさん、きんぎょ0069さん

本当にありがとうございました。

この作品のキーワード
切ない  泣ける  イケメン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。