ピピピピピピッ!





ピピピピピピッ!





どこからか、アラームの音が聞こえる。


私は確か、「赤い人」に殺されたはずなのに。


いつもの私の部屋、ベッドの上で私は目を覚ました。









なんだ……夢だったのか。


でも、やけにリアルで痛みのある夢だったな。


伊勢も留美子も私も、「赤い人」に殺されたけど、夢の中での事なら良かった。


「あれ……携帯がない?」


アラーム音は聞こえるのに、枕元で充電器に挿していた携帯電話が見当たらない。


もしかして、ベッドの下に落ちたのかな?


上体を起こし、脚をベッドから下ろした私は、この時に妙な既視感に襲われた。


あれ……昨日も同じ行動を取っていたような気がする。


こうやって起きるのも、かがんで携帯電話を拾うのも、昨日とまったく同じだ。


首を傾げながら携帯電話を拾い上げ、それを開いた。


時間は、いつもアラームが鳴る7時。


「寝てる間に落としたのかな?」


そう思い、フフッと笑いながら電話帳の名前を表示する。


ふたりも友達の名前が登録されたから、それを見るのが楽しい。


でも……。


この作品のキーワード
ホラー  カラダ探し  高校生  裏切り  呪い  赤い人 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。