静香と食事をして、巽くんと楽しい時間を過ごしたその日に帰ってきた時間は、夜の12時を回っていた。

夜遅くに帰ってきたと言うのに、優は帰っていなかった。

「何だ、今日も遅いのか」

1人呟くと、私はソファーに腰を下ろした。

帰ってこないんだったら、もう少し過ごしてもよかったかも。

そう思ったのと同時に、
「今日は楽しかったな」

静香と会って食事をしたのももちろん楽しかったけど、巽くんと会った時の方がすごく楽しかった。

彼女がトイレに行っている間のほんの少しだったけど、彼とおしゃべりもできたし。

「また会いたいな」

店に行けば会えるんだろうけど、夜に家をあける訳にはいかない。

ほんのたまにだけど、優も早く帰ってくる時があるから夜の外出は難しい。

この作品のキーワード
俺様  専業主婦  ホスト  浮気  大人  溺愛  切ない  胸キュン  ドキドキ  甘々