私がトウマさんに出会った夜。

あれは高校生になって少し経った頃だった。


あの日が在ったから今の私が在る。

でも逆に言えば、あの日が無かったら今の私は無かった訳で…そうだったとしたら、今頃一体どうなっていたのだろう。そんな怖い事考えたくもない。


…つまり、それくらいトウマさんとの出会いは大きな出来事だったという事。



そしてそれが、私の夢と現実の境目を曖昧にしたという事。



この作品のキーワード
長編  暗闇  孤独  ブルー15  成長  愛情      ドン底  年の差 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。