現実だと理解した瞬間、今までの夢のような出来事全てに色が付いたと感じた。

今私のすぐ傍で、私の目の前でそれら全てが知らない色を浮かび上がらせ、一つ一つが新たな意味を持ち、私が今まで見てきたそれらとはまるで違うものとなって現れる。


初めて出会ったあの日は、トウマさんの名前を、存在を初めて知った日。また会えると言ってもらえた日。そしてその後出会ったトウマさんは、私を助けてくれると言ってくれて…あのトウマさんも…あの出来事も……現実…。


この作品のキーワード
長編  暗闇  孤独  ブルー15  成長  愛情      ドン底  年の差 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。