私の朝は忙しい。
毎朝5時に目覚ましで起きる。

安堂 亜夢(あんどう あむ)


4人兄弟の末っ子。


長男 瑠樹くん (るき) 18歳 高校3年生

次男 咲樹くん (さき) 17歳 高校2年生

三男 亜樹くん (あき) 15歳 高校1年生

長女 私、亜夢 15歳 高校1年生


亜樹くんと私は双子。
亜樹くんの方がお兄ちゃん。 


起きたらまず、4人のお弁当を作る。
それからお風呂の掃除をして朝ごはんを作る。
6時に兄達を起こして回る。

まずは瑠樹くんの部屋から。


「瑠樹くーん。朝だよ?お日さま昇ったよ?」

「うるせぇな。あと5分…」

「あと5分ね。5分したら起こしに来るから」


瑠樹くんは大抵『あと5分』を使う。
だけど5分後でも起きないから結局10分後になったり15分後になったりするんだけど。


さて、次は咲樹くんの部屋に行かないと。

この作品のキーワード
暴走族  暴力  家族  財閥  切ない  友達  妊娠  ブルー14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。