それから数日後、小百合ちゃんは私が関わってしまったことを知っていた。
多分亜樹くんから聞いたんだと思う。


「もぉ!」

「ごめんね!知らなかったの!」

「瑠樹さんに言うよ?」

「やめてよ!?………怒られるからっ」

「なら関わらないで。私は瑠樹さんに頼まれてるから」

「………知ってる。瑠樹くんら私を心配してくれてるんだよね」


心配なんてしているわけがない 。
むしろ厄介者だって思ってるはず。
だけど私は忠実に瑠樹くんの言うことを聞いている。

逆らったりなんてしたこともないしするつもりはない。


でも………。


でもね、小百合ちゃん。
瑠樹くんはね………。


「ま、特進コースまでは来ないから大丈夫でしょう!来たら瑠樹さんに言いつけてやる!」

「………うん、ありがと!」


瑠樹くんはね………。
結局、小百合ちゃんには何も言えなかった。

この作品のキーワード
暴走族  暴力  家族  財閥  切ない  友達  妊娠  ブルー14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。